スマホ大好き

私はスマホ、電化製品やカメラ、パソコン、旅行などがとても好きな一児の父親です。電化製品や育児に関すること、普段の出来事をご紹介したいと思います。よろしくお願いします!!

2018年、おススメのスマホは何?

2018年5月現在、各社から様々なタイプのスマートフォンが発表・発売されています。

本日は目的別におススメのスマートフォンをご紹介します。

あまり機械に詳しくない方でもわかりやすく説明しますので、機種選びの参考にして頂ければ幸いです。

 

[目次]

1.カメラにこだわっているスマホはコレ

2.コスパの高いスマホはコレ

3.SIMフリースマホはコレ

 

カメラにこだわっているスマホはコレ

ファーウェイ P20 Pro

  • アウトカメラLeicaのトリプルカメラ搭載
  • 5倍ハイブリットズーム
  • デジタルカメラやレンズ、スマートフォンにおいて性能を評価したスコアを公表している機関「DxOMark」の評価109点で世界一
  • 4000万画素の超高解像度を誇るRGBセンサー搭載
  • AI手振れ補正
  • 960 fps スーパースロー
  • AIで19の被写体やシーンを識別し、最適な設定をしてくれる
  • インカメラ2400万画素

 

先日もdocomoから発表されたことで話題になりました。一番注目すべき点は、アウトカメラが3つ搭載されたことでしょう。また、ドイツのカメラブランドの「Leica」のレンズというのもとても魅力的です。

iPhoneX、Galaxy S9+などの他社フラグシップ機は2つのカメラです。3つになったことで、今まで以上に綺麗な写真を撮ることができます。F値が1.6なので、暗い室内や夜景を明るく、美しく撮れます。(※F値の値が小さいほうが、暗いところに強いです)

 

5倍ハイブリットズームですが、スマホのカメラの弱点はズームです。広く撮りたいときは、広角はとても便利ですが、遠くの被写体を撮るときは、ズームをしたいですよね。今までの多くのスマホはデジタルズームといって、ズームするほど画質が下がってしまいました。

5倍ハイブリットズームは画像の劣化が少ないため、ズームしても画質にこだわりたい、そんな方におススメの機能です。

 

スローモーションについてですが、こちらはXperiaやGalaxyにも搭載されている機能です。何気ない日常も、スーパースローで撮ることによって、息をのむ映像を撮ることができるでしょう。

 

AIはカメラを被写体に向けると、自動で被写体やシーンを識別してくれるため、カメラの苦手な方でも失敗せずに撮ることができます。

 

docomoからしか発売しないのはとても残念ですが、グローバル版と異なり、フェリカにも対応しているのが魅力ですね。

 

コスパの高いスマホはコレ

ファーウェイ nova lite 2

  • 価格が2万円代
  • 画面の比率が、最近のトレンドの18:9
  • アウトカメラがデュアルカメラ
  • 低価格なのに指紋センサーも搭載

 

なんと言っても安いのに、デュアルカメラ、指紋センサー搭載なのが魅力です!!デザインも安さを感じられません。発売当初は、dmmモバイルなどのMVNO格安SIM会社)からの発売でしたが、今日ではヨドバシカメラなどの量販店でも購入できるようになったため、購入しやすくなりました。

 

デュアルカメラで背景ボケの写真を撮ることもできます。また、撮影後にフォーカスの位置を変更することができます。「あ、子供にピントがあっていなかった」という方も大丈夫!ピントの位置を調整できるため、失敗することも減ります。フラグシップ機みたいに、素晴らしい機能が盛りだくさんですね!

 

SIMフリースマホ HUAWEI nova lite 2 + 選べるOCNモバイルONEセット【送料無料】※お一人様1台限り

価格:21,384円
(2018/5/26 19:59時点)
感想(14件)

SIMフリースマホはコレ

 エイスース zenfone5(2018)

  • docomoau、Ýモバイルの3キャリアの電波に対応
  • DSDV対応
  • 5万円代
  • デュアルカメラ
  • 画面に切り抜きあり

 

SIMフリーなのですが、3キャリアの電波に対応しているため、SIMを差すと使えます!ファーウェイなどのSIMフリー端末の多くは、auの電波に対応していないことが多いです。

 

また、DSDVに対応しています。DSDVとはデュアルスタンバイ、デュアルボルテのことです。つまり、2枚のSIMを差して同時に4Gで待ち受けができます。

何がメリットなのか?それは海外に行ったとき、SIMスロット1にはいつものSIMカード、SIMスロット2には海外の現地SIMを差すことが可能です。

docomoなどのキャリアの海外通信は割高ですが、現地SIMはとても安く通信することができます。

デュアルカメラ、切り抜きありの画面は今のトレンドでしょう。最新のスマホを使っているという優越感に浸りますね。

 

ZE620KL-SL64S6 エイスース ASUS ZenFone 5 (ZE620KL) スペースシルバー 6.2インチ SIMフリースマートフォン[メモリ 6GB/ストレージ 64GB] [ZE620KLSL64S6ZEN5]【返品種別B】

価格:57,010円
(2018/5/26 20:00時点)
感想(0件)

まとめ

2018年、今年は魅力的なスマホが多すぎて困ります!今回ご紹介した3つのスマホはどれも欲しくなりますね。特に3つのカメラを備えたスマホはこの機種だけなので、カメラの画質は間違いなし!

zenfone5も3つのキャリアで使えるし、デザインがいいですね。

 

また、おススメのスマホなどをご紹介しますので、楽しみに待っててください!!